【僕が好きになったもの!(表現術)】『シーザノケ』との出会い(青徒愬良作品)【感動するマンガ】

「すげー熱い思いで今を一生懸命に頑張っている漫画家の人が居る!」

※この投稿用のアイコン絵は、僕が描きました『シーザノケ』ファンアートです

それは、ある日のインスタグラム(Instagram)でした。

何気に検索していたその日。

いつものように相互フォロワーの方々の作品を見ながら、誰かの何かを求めていました。

(相互フォロワーで色々コミュニケーションを取らせて頂いている方々=身内Love)

もうその時の瞬間がどうだったのか忘れてしまったのですが……

とにかくいずれかのフォロワーさんの何かで、漫画家の人のインスタグラム、その中に投稿された一文を拝見する事に。

「凄い……絶対やりきる意思がメラメラと燃え上がり、それがめっさ伝わって来る……

 考え方、うんうん、僕もそう思う!そうやってきた!そしてそれだけで良いのかといつも苦悩してる!

 めっさ判る―!……って、あ、ところでどんな漫画描いてはるんやろ。」

そうなんです、僕、漫画の前にその人の姿勢に共感したのです。

その人の作品とはその後に出会うのでした。

示されていたリンク、その先はキャンプファイヤーという、クラウドファンディングのサイトへと

繋がっていました。

僕的理解!『これがキャンプファイヤー campfire』
「なんじゃこれ?……え。新手の○○な?(想像)」

そして知りました、キャンプファイヤーとは?

 ①すぐ目の前にある未来に触れられる場所。

 ②支援したい相手別にプロジェクトが分かれている。

 ③一定期間だけど、ここで欲しい物が買える!(=リターン品として用意されている)
  ※それはレア物だったり、後発で流通に乗るものでもあったり。の購入+開発支援金。
  ※開発期間が終わって発送されるのを楽しみに待つ感じ。

 ④一定期間だけど、ここで金銭的な支援が出来る!
  (募金っぽいけど、「お金出した人はだーれ?」と明確になる♪)

 ⑤一定期間が過ぎると、プロジェクトは終了!=支援終了!

 ⑥[重要]一定期間内に予定の金額が集まれば、晴れて開発が始まる事となる!
  ※All-or-Nothing方式の場合では、です。

応援するみんなのProject『シーザノケ』

この人、漫画自体はデータで全部web公開をしているんだ……

で、漫画の『続編』を描き切る為に、クラウドファンディングで支援を募ってると。

なるほどな。

へー、色々リターン品という形で、物買えるんや。

でも、支援金が集まりきらないと、企画もGOされないんや……過酷ー!

……。

物凄く思いが綴られているやん……。

熱い人なんや!

僕もやで!(自分でも認めるし)

いやでも流石になかなかの金額だわ。(いま僕お金無いのん)

「てかマンガ読まなね!……考えるのはそれからっす。」

それがこのマンガ『シーザノケ Episode 1』
  ↓

━━━━ええ、読み切ったあと秒速でポチクリ支援しました。

どうした僕。

お金無いんよね?

その後、支援した事をインスタグラムのDMにて、青徒先生にご報告。

(この人→青徒先生、に変わる瞬間w)

それから数日が経ち……

なんと青徒先生から、直接DMを頂く事になりました!

もー驚き!

そしてそこにも熱い思いが伝わる内容が感謝のメッセージと共に!

いやー、人となりに惚れてしまいましー。

もちろん、漫画『シーザノケ』にも!

有難う青徒先生!

頑張れProjectシーザノケ!

漫画家の人との距離が凄く近くに感じられ、

皆で作り上げる人間味のあるイベント。

それが、【Project シーザノケ】

お祭り感満載のプロジェクトです!

Project『シーザノケ』Vol.2「Episode2・承」編

この漫画の次の章とかだけではなく、
その先の未来、

まだこの世に存在していない
未知の作品も見たいから。

だから僕は
青徒先生を応援、支援しています!

※Project『シーザノケ』Vol.2は2019年7月21日迄開催中!

■最近のブログ投稿■