【一緒にまなぼー?】可愛い女の子の絵を描きたい!《本章》【僕を育成PJ0006『女の子顔の描き方06』】

この記事は2019年に書いてますが、内容は2016年に起きた苦悩とそこからの02

「出張先でお土産~!!……って、んなテンション高くねーわ、早く帰って寝たいんやが。(の前に電車で眠)」

ま、でも結局買うんやけどな。
和歌山の梅干しとか。

(折角来たんだし的)

……

(*’▽’) 絵の話、いきますっ!!!

【一緒にまなぼー?】真夏の逆三角形(いや今5月なのになんでこんなに夏いの暑いよ)

当時の『覚え書きめも』が出てきたー!

これ前回でも『重要』とお伝えした、目から口までの配置バランスで構成する『逆三角形』の説明絵!

当時のテキストも残ってたのでそれをコピペしますね!

『眼から描き始めて(バランスだけを守りつつ)、
ざざざっとめっちゃ適当に描いても、
ある程度かわいく見えるのは
やはり、美観の法則があるからであろう。』

美観の法則?……あ。逆三角形で構築された顔面パーツバランスの事っすね。

自分の絵に対する持ってる感覚から見て、この絵、
 眉毛離れとるー。
 左右の目の位置はばに難を感じるー。
 顎の奥側の線の取り方、顔の向き角度に対しての違和感、
 首の位置太さのバランスがなー。
まぁ、歪んでますわ。

そして後々そういった事に気付き経験値として蓄積されていったと。

目から口までの配置バランスで構成する『逆三角形』の意識は大事。

━━━━お。めも出てきた、これこれ、
ではここで顔の向き角度、顎について

顔と共に下部にある首の位置や太さも大事!

ところで図にある手書き文字、何て書いてあるのか。(。´・ω・)?

『頭の向きの変化において
 「アゴ」の角度はあまり変化なく(90度~鈍角)
 顔が横を向くにつれて、輪郭が強くなるイメージ。』

出っ張る(丸くなってるのが判る)部位について

『真正面絵:「顎のえら」のふくらみ
 斜め横絵:「ほほ」のふくらみ  』である。

って書いてあります。
(ちょっとだけ説明を付加してます)

お顔を描く際に「あれ?これでよかったっけ?」と
これまでの事を思い出し、振り返ったりして描き進めました。

逆三角形は顔の向きが変わる際に特に有効!
立体感をイメージする際、その時逆三角形はどんな形をしているかな?
僕が悩んだ流れに沿ってゆっくりしっかり書いていきますから安心して!
さて次回は「……」

ってごめん、実はまだありんす♪♪

【一緒にまなぼー?】……○んだ魚の目ようだ。(嘆)

顔のパーツでも特に大事、いやキャラクター絵を描く際に、この部位でイメージが決まってしまう、それ。
『眼』
について。

『描きだす片方の眼、位置形状とともにそれが重要である』

もう片方の眼は、位置とか形状雰囲気とか、やっぱ最初に描いた方の眼で
ある程度決まっちゃいますからね!

……ってここまで意識する時って、きっと「キャラクターの描き分け」が
必要になってきた場合、かもです……
  ↓

なのでー最初は、とにかく目ってこんな感じかな、程度でよいかと!
少し丸めを意識して描くとかわいー。
(いやほんとこんなノリで描いてるからなー僕)

で、デフォルメされた『眼』についてなのですが、
ちょっと僕的に「あ。なるほどなー。」って思った事でもあり、示しておきますね!

またまた図にある手書き文字、何て書いてあるのか。(。´・ω・)?
ですが、
『 人の眼 →縦を約2倍に拡大
→周りを少しアレンジ
 (まつ毛を消す、不要枠消す等)
→楕円に少しふくらみ
 (丸み)を与える 』

→はい、基本形が完成!
となります。

あと、この加工で使ったソフトは CLIP STUDIO PAINT PRO
です。(宣伝)

デジタルツール、便利!

■描き方まとめ■

描き方の基礎を押えるにも、デジタルツールは凄く役に立ちます!
僕が悩んだ流れに沿ってゆっくりしっかり書いていきますから安心して!
経験を通じて得た自分なりの解決法・手法を、あなたに♪♪

基本的な描き方を押えた方がいいですよね!(早道)
描く時は資料を横に置いて!(主に写真かな、本物を見て)
すると数をこなしている内にほんとに描けるようになります! 大丈夫♪

一緒にまなぼー?

■最近のブログ投稿■